<H22年度(2010年)問12> マイクロ波加熱に関する論説問題(解説未記載)

目次

問題

マイクロ波加熱の特徴に関する記述として、誤っているのは次のうちどれか。
(1)マイクロ波加熱は、被加熱物自体が発熱するので、被加熱物の温度上昇(昇温)に要する時間は熱伝導や対流にはほとんど無関係で、照射するマイクロ波電力で決定される。
(2)マイクロ波出力は自由に制御できるので、温度調節が容易である。
(3)マイクロ波加熱では、石英ガラスやポリエチレンなどの誘電体損失係数の小さい物も加熱できる。
(4)マイクロ波加熱は、被加熱物の内部でマイクロ波のエネルギーが熱になるため、加熱作業環境を悪化させることがない。
(5)マイクロ波加熱は、電熱炉のようにあらかじめ所定温度に予熱しておく必要がなく熱効率も高い。

解答を見る
(3)
「機械の泉」最新記事情報を更新!管理人NORIと一緒に学ぼう!
>電気を楽しく、機械を好きに。

電気を楽しく、機械を好きに。

「機械の泉」は電気主任技術者試験のみならず、電気を学習するすべての方に向けたサイトです。Twitterでは最新記事のお知らせ・学習過程のツイートやニュースに対する緩いツイートも書いています。フォローしていただけると嬉しいです。

CTR IMG